洗顔をし過ぎるとお肌はどうなるのか?

 

洗顔はとてもニキビケアにおいて重要なのですが、洗顔のしすぎによる肌トラブルも存在します。
1日に2回以上洗顔をしている場合注意が必要です。

 

あなたは大丈夫ですか?

 

 

洗顔のしすぎによって必要な皮脂までも落としてしまうと、外敵から肌を守る機能が弱まり過剰に皮脂が出ます。
これによって毛穴で皮脂が詰まり、新たなニキビが出来たり、悪化したりするだけではなく
肌がツッパったり、ヒリヒリしたり、洗いすぎによる乾燥に伴うかゆみも伴うようになります。

 

 

そしてこの肌の乾燥は「老化」を早めますので、シワが出来たりシミが出来たりと
いいことは1つもないんですね。

 

洗顔によって肌がくすんでしまうという症状が出ることもあるんです。

 

 

今は若くてシワやシミなどには無縁かもしれませんが、今のスキンケアが将来のお肌を決めると理解し
くれぐれも洗顔のし過ぎには注意をしましょう。

 

 

トップへ戻る