界面活性剤とは

 

水と油を混ざり合うようにして、油の汚れを見ずに溶かすことが出来る成分です。

 

皮脂の油などはそのままでは水に溶けませんし、洗い流す事ができないので
洗顔料にも使われていることが多々有ります。

 

界面活性剤はかなり安価で洗浄力も高まるため、薬局などで安価に買える洗顔フォームには
界面活性剤が使われていることが殆どです。

 

 

界面活性剤が肌に与える影響

 

界面活性剤によって、皮脂はしっかりと洗い流すことが出来るようになりますが
肌の健康を保つバリア機能を破壊してしまいます。

 

 

バリア機能が壊れてしまうと、ニキビがいつも出てきて治らない
肌が乾燥して常にガサガサ・・・

 

このような状態になってしまうんですね。

 

 

これは、お肌を守る機能が働かいために角質層が厚くなることと
肌を守るために皮脂が過剰に出てしまうためです。

 

 

皮脂が過剰に出れば毛穴で詰まりやすくなり当然ニキビが出来やすくなりますので
ニキビ肌の方は、極力界面活性剤が入っていない洗顔料を選ぶようにしましょう。

 

 

当サイトで紹介している洗顔料は安心して使えるものばかりです。

 

 

 

トップへ戻る