洗顔料を選ぶ時「弱酸性」と「アルカリ性」とではどちらがいいのか?

 

洗顔弱酸性アルカリ性

 

一般的な認識として、「弱酸性は素肌に近いので肌に優しい」。
逆に「アルカリ性は肌によくない」と思いがちですよね。

 

確かに、素肌は弱酸性なので肌に近い弱酸性のものが良いのは一理あります。

 

 

しかし、汚れをしっかりと落としてくれるのは「アルカリ性」の洗顔料なんですね。

 

 

では、弱酸性の洗顔料では汚れが落ちないのか?というとそうではありません。
弱酸性の洗顔料は、アルカリ性に比べると汚れ落ちが弱くなるということです。

 

 

それなら、アルカリ性を選べばいいのかと単純に決めるのではなく
あなたのお肌の状態によって選ぶ必要があります。

 

 

基本的に弱酸性は”しっとりタイプの洗顔料””アルカリ性は、さっぱりタイプの洗顔料”と思って頂ければOK。

 

 

あなたのお肌が乾燥するけどニキビが出来るタイプであれば、弱酸性のものを選んだほうがいいですし
乾燥しないオイリー肌の場合であれば、アルカリ性の洗浄力の高いものを選ぶといいでしょう^^

 

 

 

トップへ戻る